神戸市母子福祉たちばな会ブログ

RSS

生命の貯蓄体操を一緒に体験しましょう

カテゴリ : 行事報告
4月10日(火)、しらゆり講座「生命の貯蓄体操を一緒に体験しましょう」を開催しました。
NPO法人生命の貯蓄体操普及会の方々を講師に、まずは丹田呼吸法からおこないました。
動作の時に息を吐く、吸いながら戻る。筋肉は使いすぎてもだめ、、使わなすぎてもだめ。
更年期をいかに乗り切るか。自分の出来る範囲で体を動かします。





まずは、自分の体を知ること。腕の上げ下ろしや、腕回しで肩甲骨をしっかり動かす。肩コリには、肩を上げてストンと下す。

踵落としとつま先上げをセットでするとが効果があるそうです。踵をストンと落とすと同時につま先を上げると、よろけそうになりますが、踏ん張ってやると、転びにくくなります。

マットに座られていた方も、膝が悪くて椅子の方も一緒に楽しんで体操ができました。
神戸市内の各所でやっているので、来て下さいとのことでした。簡単な動きですが、効果は絶大のようです。
(のもたん)
2018-04-17 11:33:32

アロマテラピー講座~自分だけの香水・ロールオンアロマづくり~

カテゴリ : 行事報告
3月25日(日)、しらゆり講座を開催しました。
今回は人気の「アロマテラピー講座~自分だけの香水・ロールオンアロマづくり~」でした。
講師の相神ゆり先生よりアロマテラピーについての講義がありました。
人間の5感のうち嗅覚はダイレクトに脳に伝わるため、古代より香りによる薬物療法の一つとしてアロマ療法がおこなわれていたとか。
知っていましたか?ちなみに
地球上には約40万種類の香りがあるそうです。たくさんありますね。
単なる癒し系のイメージしかありませんでしたが、お話を聞いているとアロマは奥深いなあと感じました。
その後、講義の中では、参加者の皆さんにも、思い出の香りは何か答えていただいたり、先生がもってこられた精油の香りを嗅いで香りのイメージを直感で書いてもらったりしました。




最後は、皆さん個人の香りのブレンドでロールオンアロマを作成しました。レモン、オレンジスウィート、ローズマリー、ラベンダー、ティ-トリ―、グレープフルーツ、イランイランの中から、お好みで組み合わせます。
アロマテラピーは自律神経のバランスを整える働きがあるなど、それぞれの香りの薬理作用を知り、現在の自分にマッチした香りを自分で考えて、ピックアップしてブレンドしていきます。


ほら、素敵なガラスボトルに自分だけのアロマオイルができましたよ。







皆さんも、アロマでゆっくりくつろいで、リラックスした時間を持ちませんか?
とても楽しいゆったりした講座でした。
(みきたん)
2018-04-14 14:59:56

笑いヨガを体験しよう!

カテゴリ : 行事報告
2月14日(水)、しらゆり講座「笑いヨガを体験しよう!」を開催しました。
ジャパンラフターヨガ協会リーダー大平貴子氏を講師にお迎えしました。

笑いヨガは、笑いとヨガの呼吸法、ストレッチを組み合わせているので「笑とヨガ」とよんでいます。体と脳にたくさんの酸素を取り込み、より元気で健康になることを実感できるとの事です。
参加者の皆さんは、たくさん笑ってストレス軽減、身体もポカポカしてきたとの声がきかれました。
東遊園地でも活動されているので、気になる方はぜひお問い合わせください。
(のもたん)







2018-04-14 14:15:12

職場でも日常生活でも役立つマナー講座

カテゴリ : 行事報告
3月4日(日)、しらゆり講座「職場でも日常生活でも役立つマナー講座」を開催しました。
講師は、マナーインストラクターの堀田良江氏でした。

「元気で明るい毎日は挨拶から。挨拶はファーストコミュニケーション。」とのことで、会釈と敬礼と最敬礼の3種類のお辞儀を2人1組でお互いにチェックしながら学びました。
背筋を伸ばして、指先も揃えて、改めてきちんとしたお辞儀を学べました。日々の生活に生かしたいです。
(のもたん)

2018-04-14 14:05:12

発達障害について理解する

カテゴリ : 行事報告
2月4日(日)、しらゆり講座「発達障害について理解する」を開催しました。
講師の神戸市発達障害者支援センター横川所長は「発達障害は、育て方によるものではなく、脳機能の障害によるもの。早期発見・早期療育は大切。しかし、大人になってもなおりません。本人の特性に気づいて、良い所は伸ばす。自分の特性を知って、うまく対処できる大人になるように、支援することが大切。」とお話いただきました。

仕事関係は、クリスタルタワービル12階13階のジョブカフェや若者サポートプラザやハローワークも利用してみてくださいとのこと。

参加者からは「発達障害の方の特性を理解して共存しなければと思いました。」との声が多くありました。
(のもたん)



 
2018-04-14 13:54:49

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ