神戸市母子福祉たちばな会ブログ

RSS

犯罪から身を守る

カテゴリ : 講座
8月18日(土)しらゆり講座「犯罪から身を守る」が開催されました。
講師は、兵庫県生田警察署員で、特殊詐欺*について知ることや、護身術について、大変分かりやすく時には笑いも交えて教えていただきました。
 
*特殊詐欺とは、面識のない不特定多数の者に対し、電話その他の通信手段を用いて、 対面することなく被害者をだまし、不正に入手した架空または他人名義の預貯金口座への振り込みなどの方法により、被害者に現金などを交付させたりする詐欺のこと。


 
■最近の特殊詐欺の事例として
1.消費者センターを装い、「通販サイト(よくある有名なサイト)+△△工業が登録されたままになっています。△△工業だけ名前が削除できません。」と電話がかかる。
削除するには名義変更しなければならないと言われ、言われるままに変更を依頼する。
裁判所を装った者から、「勝手に名義変更をしたと訴えられたので、弁護士費用として30万円」用意するように言われる。
 
2.北区役所の保健課を名乗って「累積医療の封筒を送らせていただいたが、手続きが出来ていないので連絡した。法改正があり過去5年間15,000円の戻し金がある。銀行に振り込むので、後ほど銀行から連絡があります。」と電話がある。
銀行より、手続きのキャッシュカードが使えないので、営業のものに取りに行き新しいものに取り換える。
その際に暗証番号を聞かれる。
 
実際の音声を聞くと、ソフトな優しい口調で自分ではだまされないと思いつつ、思わず信じてしまいそうな巧みな話し方です。
どんな内容であっても、その場で決断せずに必ず家族に確認します。というような対応が大切です!
 
3.携帯のSMS(ショートメールサービス)を利用した、宅配業者を装ったウイルス感染を目的としたものが増えており、注意喚起されている。






 
■護身術 
後半は、自分の身を守る手段として、腕をつかまれた時の手のさばき方など、事例をまじえながら実演・練習をしました。
 
1. 道を歩くとき、イヤホンを使わない、携帯電話をしながら歩かない。
→イヤホンをしていると、オートロックの背後から人が近づいていても分からない。
ハイブリッド車の音が気付かない。
ひったくりされる大半は女性。かばんを手に持っている女性、自転車の前かごに入っているカバンなど犯人は狙いをつけている。
 
2.センター街でプリクラを撮っていた女子高校生が、スカートを60㎝切られた。
→ストーカーなど、つけれられているかもしれないと思ったら警察に届ける。自分を責めない。心の傷にならないようにすることが大切。
 
3.刺されそうになったら
→・カバンを目の前に出す
・幼稚園、保育園などだったら絵本
・事務所だったら折り畳みイス
・消火器をまくなど、自分の身を守るために何が使えるかを考えておく。




 
4.後ろから口をふさがれたら
→小指だけ思いっきり引っ張る、噛む、または、急所をける。


 


5.電車で痴漢にあった場合
→着信をならす。
 
6.ピッキングで家に侵入されたとき
→灰皿か何かでガラスを割るなどして、何か起きていることを外に知らせる。
 
 
質問として、「着物などの買い取りのチラシが入っていたが・・」
家に呼ぶようなものは、できるだけ避けた方がよい。全ての業者ではないが、注意が必要のものが多い。安く買い取る、貴金属を出すまで帰らないなどのトラブルがある。持参するか、複数人立ち会うなどにする。
 
参加者からのアンケートでは、
「犯罪から身を守る方法を具体的な事例や、体の動かし方で楽しく教えてもらった。」
「実際にあった事例を分かりやすく話していただいた、護身術の体験がよかった。」
「知っているのと知らないのでは差が大きいと思う。」
「危険から身を守る事はとっさに難しいが、その手順を教えてもらった気がした。」
 
笑顔「私には関係ない」「自分は大丈夫!」ではなく、普段から意識しておくことが大事です。
 
 
自分自身の身を守るために、ひょうご防犯ネットの登録をお勧めします。
https://hyogo-bouhan.net/mail/index.do
 
次回の講座は8月26日(日)13:00~14:30「親子でアロマ石けんづくり」です。
詳しくはこちらから
2018-08-18 15:56:29

DVから子どもを守るために

カテゴリ : 講座
7月22日(日)、しらゆり講座「DVから子どもを守るために~DVの加害者にも被害者にもならないために、今 私たちに何ができるのか~」を開催しました。

講師は神戸市看護大学教授の高田昌代氏でした。

DVは、子どもが直接暴力を受けていなくても、見聞きすることで身体的、心理的に大きな影響を及ぼすことが分かっています。 家庭内で起こる潜在的な問題であり、どうすれば子どもを守ることができるのか、原因や対処法、子どものケアについて一緒に考えました。






 
先生からは、DV環境下にいると安心・安全である家庭が絶えず緊張状態でびくびくして過ごすようになり、子どもの食欲、睡眠欲、意欲、情動をつかさどっている脳や自律神経への影響があることが分かってきており、DVの状況下を長くつくらないことが重要とのお話がありました。












DVの渦中にいた子供への支援として、「母子の回復プログラム」の紹介がありワークを通して分かりやすく教えていただきました。

・感情を伝える→アイメッセージで!指示はDVになる。
・怒りをどう解決していくか⇒感情のコントロール
・勝ち負けではなくて引き分けがあっていい
・相手にどう支援を求めるか
・我慢をしない⇒DV環境下の母子は我慢している
・自尊感情を高める












 


 



参加者からは
「プログラムを受けたいと思いました。
子の影響が大きいことを改めて実感しました。
改善のための施設とかがあれば教えていただきたいです。」
「DVを受ける子どもの視点について学べてよかった」
「DVの子どもの受けた傷がよくわかりました」
「話しをする時間があったのが良かった」
などの感想が聞かれました。
 

また、母子生活支援施設の母子支援員の方も参加されており、「神戸市内には7か所の母子生活支援施設があるので困ったことがあったら活用してほしい」と話されました。




■先生から紹介のあった書籍です。


 
 
神戸市ひとり親家庭支援センターでは、ひとり親家庭が共に学び合う様々なイベントを実施しています。 
次回の講座は8/18(土)「犯罪から身を守る」です。
⇒  今後の行事予定はこちらから

(あうん)

2018-07-22 14:21:30

セミナーのご案内 ~ DVって何だろう?~

カテゴリ : 講座
あすてっぷKOBEにて、DVについて理解するセミナーが開催されます。

1.DVって何だろう?~いざという時のために~

DV(ドメスティック・バイオレンス)は、配偶者やパートナーからの暴力のことです。 殴る蹴る等の身体的暴力だけでなく、言葉や態度で相手の心を傷つけるモラル・ハラスメントや、友達との交際を厳しく制限するなど、DVにはさまざまな形があります。 DVはいつあなたの周りで起こるか分からない、とても身近な問題です。 いざという時のために、知っておきたいDVのことをお話します。
→詳しくはこちらから






2.DVを経験した女性のためのサポートカフェ

DVのこと、自分のこと、家族のこと、トラウマのことなど、こころの傷つきについて考え、学びます。
あなたにぴったりの理解や学び、情報を得られるように進行役のスタッフ(NPO法人レジリエンスファシリテーター養成講座修了者)がお手伝いします。
1回だけでも参加できます。
詳しくはこちらから






DVについて一緒に考えてみませんか。
■お申し込みは、電話・来庁・Eメールにて。
神戸市 こども家庭局 こども企画育成部 こども家庭支援課
〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館3階
電話:078-322-0249
Eメール:soudanshien@office.city.kobe.lg.jp



2018-05-16 15:10:59

プリザーブドフラワーの正月飾り

カテゴリ : 講座
こんにちは。
たちばな会事務局です。

ひとり親家庭支援センターでは
現在、単発講座の受講生を募集しています。

「プリザーブドフラワーの正月飾り」
日時:  平成26年12月6日(土)
      10:00~12:00(受付9:30~)
場所:  ひとり親家庭支援センター・集会室
受講料: 4、000円(教材費含む)

支払締切は11月21日(金)AM中
となっております。

※単発講座は、母子・寡婦の半額はありません。

お申込みお待ちしております♪

※現在は募集を締め切っております。
2014-11-07 16:27:16